読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダルマさんはいつも転んでる

柏レイソル×Ingress×モンハン×お酒弱いけどお酒飲むの好きな会社員の雑記ブログ

Bリーグ開幕によるバスケ界の新たな船出と視聴率の幻想

Bリーグ 島根スサノオマジック バスケットボール

バスケットボールのプロリーグである「Bリーグ」が9月22日に開幕しました。

NBLbjリーグが統合され新たなに発足した「Bリーグ」。ダルマも中学生の時に少しだけバスケットボールをかじっていたことがあったので、フジテレビで中継されたアルバルク東京と琉球ゴールデンキングスの「歴史的開幕試合」をテレビ観戦しました。

www.bleague.jp

開幕試合でBリーグにハマってしまいました(笑

Bリーグ面白いです。以上(笑)

正直、自分でも驚くくらい野球やサッカーにはないスピード感溢れる試合展開にハマってしまった感があります。

もちろん、バスケットボールのイメージを180度変えちゃうくらいの開幕試合のド派手な演出の影響もあるかもしれません(バスケットコートの全面LED表示は凄かったですね)。

でも、それ以上にバスケットボールというスポーツそのものの魅力を、私にとっては思い出させてくれたのだと思います。バスケットボールを経験したことがない人たちにとっても、バスケットボールの魅力を発見できたのではないのでしょうか。

今回開幕戦を観戦し、バスケットボールチームを応援する人のことを「ブースター」と呼ぶことも初めて知りました。

ブースターとは - 意味/定義 : スポーツ用語辞典

B2リーグ開幕戦を見て〇〇に申し込んでしまった(笑)

ダルマの故郷にもBリーグチームがあります。

島根スサノオマジック

https://www.bleague.jp/common/img/clublogo/ss.png

残念ながらB1リーグではなく、B2リーグ。JリーグでいうとJ2ですね。

帰省するたびにポスターやチラシが目についたので気になっていましたが、もちろんこれまで試合は一切見たことはありません。ソフトバンクが提供するスポナビライブで開幕戦が無料で観れるということで、折角なのでアプリをインストールし観戦しました。

B1リーグの開幕戦と違い、B2リーグですので派手さはありません。観客席にも空席が目立ちます。

でも、スタジアムDJが演出する圧倒的なホーム感。オフェンス中は「GO! GO! MAGIC!」、ディフェンス中は「DEFENCE!」を終始アナウンスするんですよ(笑)ここまでの雰囲気づくりはJリーグでもできないかも、というか見たことがないです。

というわけで、もっとスサノオマジックの試合を見たいと思い、スポナビライブに申し込みをしてしまいました。

ちなみに、スポナビライブですが、ソフトバンク(ワイモバイル含む)ユーザーであれば月額500円ですが、それ以外の一般ユーザーは月額3,000円かかります。ものすごいキャリア差別(笑)。ちなみに誰も最初の1ヶ月間は無料で、一般ユーザーも2ヶ月間は月額1,500円で利用できるようです。それでも高い・・・ダルマはソフトバンクで良かった。

www.softbank.jp

 

開幕試合の視聴率が5.3% 危惧する数字なのか?

ダルマが勝手に盛り上がってる中、飛び込んできたのは視聴率の話。フジテレビで放送された開幕試合の番組平均視聴率は5.3%ということでした。1992年のJリーグの開幕試合は32.4%ととのことですからその差は歴然。

news.livedoor.com

でもですよ、Bリーグの開幕について事前にメディアがどこまで取り上げていたのでしょうか?実は私が知ったのは、開幕前日でした。

1992年当時インターネットを通じてスポーツ中継が見れましたか?

これまでバスケットボールの試合ってテレビで何回見たことありますか?(サッカーの場合は正月の天皇杯をはじめとしプロ化以前から目にする機会は多かったように記憶しています)

それより何より、今の視聴率がどこまで信頼できるのでしょうか。HDRの普及やネット視聴の増加から10年以上前から視聴率については怪しいと言われていました。よって、視聴率が5.3%というよりも、スポナビライブのネット視聴が約300万人だったこと、そしてB1リーグの開幕戦がほぼ満席だったこと、を重視すべきではないでしょうか。

さらに、20代の若い世代を中心に視聴されたテレビを始めとする、スポナビライブ、約300万人が視聴したLINE LIVEでの中継効果もあり、B.LEAGUE公式サイトは従来の10倍の400万PVを記録。

www.bleague.jp

でも危機感は持った方が良い

そんな状況ではあるので、おそらくBリーグは今後もメディア露出は少ないでしょう。ごく一部のブースターの日常にしかならない可能性もあります。

今は幸いなことに盛り上がりを見せていますが、きっと集客に悩む日も近い将来訪れるはず。すでに心配の声も上がっているのも頷けます。

スポーツは試合会場に行き、LIVE観戦してこそだと思っています。スタジアムの独特の雰囲気、サポーターやブースターが作り出す環境。それを生で味わってこそ、真のブースターを生み出すのだと思います。

集客に悩んだ時のダルマの提案は、

無料でいいからまずは試合会場に多くの人に足を運んでもらうこと

です。チケットのバラマキは批判もありますが、サッカーのアルビレックス新潟の熱狂的なサポーターは有名です。柏レイソル日立台での試合にも大勢のサポーターが駆けつけます。

また、リクルートがやっている「Jマジ」。19歳〜20歳の若者にチケットを無料で配布する企画なのですが、これはスタジアムに足を運べばサポーターになってくれるという考えに基づいたものではないでしょうか。

majibu.jp

会員アンケートでは、25.7%がJマジ!がきっかけでJリーグを観戦、16.3%は観戦頻度が増えたと回答している。さらに、83.4%が「来シーズンは有料でもスタジアム観戦したい」と回答した。こうした結果から、Jマジ!が若年層のJリーグ観戦のきっかけ作りやファン醸成につながったと考えられる。

Jリーグ観戦が無料に、19・20歳限定「Jマジ!」4月1日受け付け開始 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ただし、初めてスタジアムや試合会場に訪れたブースターの卵を熱烈なブースター=中毒にすることができるかは、クラブやコアブースターつくる会場の雰囲気にかかっています。

そういった意味では、島根スサノオマジックのホームゲームで見せた圧倒的なホーム感の演出は何度か会場に足を運べば熱烈なブースターを生み出すのではないのかなと感じました。

まだ、初心者ブースターですが、この1年島根スサノオマジックを応援します!

 

B.LEAGUE BIBLE (集英社ムック)

B.LEAGUE BIBLE (集英社ムック)