読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダルマさんはいつも転んでる

柏レイソル×Ingress×モンハン×お酒弱いけどお酒飲むの好きな会社員の雑記ブログ

金崎夢生事件に思うこと

どうも、ダルマです。

柏レイソルは首位川崎フロンターレをアウエーで5-2で撃破!セカンドステージ優勝もまだまだ狙える位置にいます。このまま「突き進め、柏!」

そんな中、最近気になるニュースは、お隣の鹿島アントラーズで起きた金崎夢生選手の石井監督への握手拒否事件。金崎選手は翌日に謝罪したものの、W杯最終予選の日本代表にはこの事件が原因で召集されず、一方石井監督は精神的な体調不良を理由に試合前日の練習を不参加、試合にも復帰できず、今朝は退任報道も出ています。

qoly.jp

www.footballchannel.jp

www.hochi.co.jp

お隣のクラブのこととはいえ、また、サッカーという世界を離れた一般社会でも考えさせられる出来事であったため、私なりの考察を書いておきたいと思います。

マネージャーの判断に部下が異議を唱えて良いのか

私は部下が様々な意見を持ち、それを顕在化させることは悪くない、というよりむしろ多様な意見を顕在化させることがマネージャーの役割のひとつではないかと考えています。

一方で、マネージャーはさらに上層部から与えられたミッションを達成させる義務も持っています。つまり、マネージャーは上層部と部下の間に立ち、調整するという役割を与えられている非常に重要なポジションであると言えます。

今回のケースに当てはめると、石井監督は当然Jリーグの監督として与えられているミッション「勝利」に対し「金崎選手の交代」を判断したのであり、金崎選手としても同じく「勝利」のために「自分のプレーが必要」と思っていたのだと考えられます。

ただ、間違っているのは金崎選手が上司である石井監督が下した「判断」に対して不満を表したことです。自分のプレーの不甲斐なさでもなく、自分が途中交代させられた悔しさ、に対してでもなく、明らかに矛先が石井監督に向けられていたことが残念でなりません。


金崎夢生が交代に怒りを露わに!!石井監督と握手を拒否!!

日本代表どころかクラブから永久追放でもいいのでは

さらに驚いたのは、昨日の試合に金崎選手が普通にスタメンフル出場したことです。翌日に謝罪をしたとは言え、これでは「後で謝れば、なんでもやって良い」という悪例を作ってしまったに過ぎません。このクラブにはこの後、第2、第3の金崎選手が現れるような気がしてなりません。

上司(監督)を公衆の面前で批判した社員(選手)が普通に仕事(試合)をやり、批判された上司(監督)は精神を病んで休養。そういう状況を認めている会社(クラブ)の関係者は、その会社(クラブ)のことをどう思うのでしょうか。

私が監督であるならばそんなクラブには行きたくないでしょうし、選手だとすれば別のチームに移りたいと思うことでしょう。サポーターなら応援しなくなるかもしれません。今回の出来事は、つくづくレイソルで起きなくて良かったなと思いました。

今からでも遅くない。金崎選手は謹慎すべし

Jリーグは子供たちに夢を与える職業。あの金崎選手の態度は子供たちの夢を壊すもの。ああいう行動をとって良いと誤解させる行為。夏休みで多くの子ども達が試合を観戦していただろうに、とても残念に思います。

中には「ああいう熱い気持ちを持った選手が必要」と言った声もありますが、それは試合中のプレーに出せば良いことであり、監督を批判するという行動で出すものでは決してないと思います。

昨日の試合は出場してしまいましたが、当面の間、金崎選手は謹慎が妥当ではないでしょうか。それが周囲へのケジメであり、組織を守るためには大切なことと考えます。

もっとも、そうしたくてもできなかったのかもしれないですし、もしそうだとしたら1stステージ優勝の鹿島アントラーズの土台は相当やばいのではないかと推察いたします。

最後に、石井監督には退任せず、次節の日立台での試合で復活していただきたいと切に願っています。

では。