読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダルマさんはいつも転んでる

柏レイソル×Ingress×モンハン×お酒弱いけどお酒飲むの好きな会社員の雑記ブログ

コンビニで印刷しただけの紙でバスに乗れました

EC 旅行

どうも、ダルマです。

現在、島根県出雲市へ向けて高速バスで移動中。初めてiPhoneアプリでブログを書いてます。

実は乗る直前までは「本当に乗れるのか、乗車拒否されたらどうしよう」と内心ビクビクしてました。

何故ならば、予約時の不安、さらに乗車券は紙に印刷しただけのものだったから。

では、乗車までのプロセスを順にお話しします。

予約

今回申し込んだのは、広島市内を出発する出雲市駅方面の高速バス。

予約は下記サイトから行いました。

【発車オ~ライネット】検索結果

このサイトで空席を確認し、予約申込を行います。

申し込みには会員登録が必要なのですが、ここで最初の不安ポイントがありました。

1.会員登録の認証メールがなかなか送られてこない

FAQにはauなどの一部ドメインで遅延が発生している旨の記載がありましたが、私のには該当しません^_^;

何分だろう、もう一度会員登録しちゃおうか、と思った途端に認証メールが届きました。蕎麦屋かよ!笑

そして、次の不安ポイントが、

2.クレジットカード決済が別サイト

高速バス・夜行バス・深夜バスの予約は日本旅行『バスぷらざ』

ここはある意味分業ということで仕方がないことかもしれません。

が、使う側からすれば「二重予約になってないよね?」だとか「個人情報や決済情報の取り扱いが心配、、、」になるわけでCX的にいかがなものかと思いました。

さらに

3.クレジットカード決済の場合はプリントアウトが必須

プリンターが壊れたままの我が家は泣きそうになりましたよ。。。マジで

プリンターが無くても印刷できる

そこで考えたのが、セブンイレブン富士ゼロックスが行っているネットプリントサービス。

ネットプリント

乗車票とされているものをとりあえずPDFにして保存し、ネットプリントサービスで印刷できるように手続きを行いました。

用紙のサイズはA4、色は白黒、と指定(これは印刷時に変更可能)し、念のためパスワードも設定し、これで全国のセブンイレブンで印刷できます。

印刷時の料金は、20円/枚。10円じゃ無かったです^_^;

そして、当然ながら出てきたのはふつうのA4コピー用紙に印刷された乗車票のようなもの。ハサミで切り取ってください、とあります。

会社の人に見せたら「Excelなんかで簡単に偽装できそうですね」と言われました。

できないんだろうけど、人の目でチェックするだけだから細かいところは気づかれず確かに乗れてしまいそう、、、汗

そして、乗車

無事に乗れました。

乗車時にハンコを押され、降車時に回収されるとのこと。無くしたら、再度支払いが発生するかもとのアナウンスが繰り返しありました。

ただのコピー用紙なのに、、、笑

結論

自分視点で色々と書きましたが、地方の小さなバス会社がインターネットに対応させるってのはこういうことなのかなと思いました。

ふだん自分はA社とかR社とかしか使わないのですが、そこは相当進んでいるだけであって、多くのEC取引は今回経験したように試行錯誤を繰り返し、色々な会社と提携しながら何とかやっているんでしょうね。

 

さて、そろそろ終点です。