読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダルマさんはいつも転んでる

柏レイソル×Ingress×モンハン×お酒弱いけどお酒飲むの好きな会社員の雑記ブログ

祝Jリーグ2017年シーズン開幕とやっちまったDAZN

Jリーグ サッカー 柏レイソル テレビ

2017年2月25日。

待ちに待ったJリーグの2017年シーズンが開幕しました。

我が柏レイソルはアウェーでサガン鳥栖に3-1の完勝。これ以上ないスタートを切ることができたと思っています。


【DAZN】J1-1/サガン鳥栖vs柏レイソル マッチハイライト

Jリーグにとって大きな変革の年

Jリーグで今シーズン大きく変わったのは次の2点。

  1. 1シーズン制への復帰
  2. DAZNとの契約による新たな視聴経験の提供

昨シーズンまで2シーズン続いた2ステージ制はDAZNから多額の放映権料をゲットできたことでたった2シーズンで終了。たった2シーズンですよ。意味わからないです。

サポーターからすると、年間一位でも優勝できず、プレーオフに参加できなければ早々にシーズンが終了し、長いオフが待っているわけです。

この2年Jリーグが面白かったかといえば、どちらかというとチーム成績に関わらず「しらけていた」というのが感想です。

そして、DAZNJリーグは長年のパートナーであったスカパー!と袂を分かち、DAZN(ダ・ゾーン)という黒船と新たなタッグを組むことを決断しました。

これまでの通信衛星を通じたテレビ視聴から、インターネットを通じたモバイル視聴へのシフトをサポーターに求めたのです。

 

yellowdharma.hatenablog.com

 

JリーグDAZNはサポーター本位で考えているのか

DAZNによるネット配信型の視聴スタイルは、長年衛星放送によるテレビ放送に慣れ親しんできたサポーターを大いに混乱させました。

視聴には何の機材が必要なのか?テレビで視聴するにはどうすれば良いのか?

我が家もテレビで視聴したいため、ギリギリまでPS3アプリのリリースを待ち望んでいましたが、結局2月中のリリースは何のアナウンスもなく、見送られました。ドイツ語のPSNアカウントを取得すればドイツ版のアプリがDLできるという話もありましたがね。

そしてネット配信の大きな問題はタイムラグ。スカパー!での放送でも多少のタイムラグはありましたが、ネット配信だと1分から3分程度のタイムラグが発生すると言われています。実際、昨日の開幕戦でもJリーグやクラブの速報の方で結果を先に知ってしまうという「しらけていた」状況をまたもや生み出していたのです。

DAZNの独占配信がもたらすリスク

幸い柏レイソルの開幕試合は大きな影響は無かったのですが(それでも、クルクルや画像の乱れは何度かありました)、昨日の大宮-川崎戦、本日のG大阪-甲府戦は視聴に大きな支障をきたす事態となりました。サポーターにとって大事な開幕戦。現地観戦に行けないサポーターに視聴環境を提供するのはJリーグ、放送事業者の義務であり責任ではないでしょうか。

スカパー!の時も自宅周りの悪天候による影響で映像が見られないケースも発生しました。が、スカパー!の場合はオンデマンドという別の手段もあったので上記のリスクは回避できてました。

DAZNの場合はそういうことができないわけであり、そのためにもスカパー!に対しサブライセンスを提供すべきではなかったのではないでしょうか。

JリーグDAZNは今回の開幕戦2日間で生じた視聴トラブルについて早急に原因を突き止め、1週間後に迫る第2節では同様のことが生じないよう改善策を講じてほしいと思います。

 

 

ちばぎんカップはクリスティアーノの1G1Aでレイソルの完勝

Jリーグ サッカー 柏レイソル

こんにちは、ダルマです。

今年もワールドカップ、クラブワールドカップと並び世界三代カップと称される「ちばぎんカップ」が開催されました。今年は4年ぶりの日立台での開催でした。

f:id:yellowdharma:20170211232543j:plain

試合は前半の序盤はジェフユナイテッド千葉のペースで進みましたが、その後はクリスティアーノ、ディエゴ・オリヴェイラ、ハモン・ロペスのCDRを中心とする攻撃陣の活躍で2-0の完勝でした。

f:id:yellowdharma:20170211232614j:plain

ちばぎんカップは選手もサポーターもまだエンジンがかかっておらず、独特な雰囲気があって好きなんです。待機列ではあちこちで「久しぶり〜」「お元気でした〜?」の声が飛んでいました。


【柏レイソル】チーム応援歌 柏の男は夢を見た(暫定版)


【柏レイソル】チーム応援歌 夏のお嬢さん(暫定版)


【柏レイソル】選手応援歌 ハモンロペス(暫定版)


【柏レイソル】選手応援歌 滝本 晴彦(暫定版)

新チャントのお披露目もあり、今年もまた昭和チックなチャントが追加されました(笑)

開幕まであと少し。今年は1シーズン制に戻るので最後までタイトル争いに絡み、一つでも多くのタイトルが取れるように応援します。

f:id:yellowdharma:20170211232654j:plainでは。

 

 

2016年振り返り【Ingress/モンハン/その他編】

Ingress Pokémon GO ゲーム ポケモンGO モンハン MHX

ダルマです。

2016年振り返り【その他編】です。

活動量が大幅に減ったIngress

Ingressは念願のレベル16になることができました。

その一方でアノマリーやミッションデーには参加しているものの活動量は激減しています。

ポケモンGOがリリースされた影響もありますが、レベル16後の目標設定がはっきりしていないのも原因かもです。

来年は目標設定を改めて行い、活動量を上げようと思います。

年明けのモンハンフェスタがピーク

モンハンについても年明けにモンハンフェスタに初めて参加し、息子と組んだ親子大会で後一歩で予選突破ということもありました。

ただモンハンも最近再開しているものの低迷してました。

春に発売のダブルクロスに向けHRを上げていければと思います。

マイクラに嵌りそう

その一方でMinecraftの世界を知り嵌りつつあります(笑)

まだまだ初心者で手探り状態ですが、面白いものを作ったらここでも紹介できればと。

今年もありがとうございました。

来年も公私共に充実した一年としたいと思います。

良いお年を。

 

 

2016年振り返り【柏レイソル編】

Jリーグ 柏レイソル サッカー

ダルマです。

またまた久しぶりの更新となります。大晦日の今日、今年一年を振り返ってみたいと思います。

まずは「柏レイソル」編!

波乱の幕開けから若手の台頭による躍進

達磨体制から2年ぶりに外国人監督でスタートした2016年シーズン。工藤選手もいなくなったものの「ちばぎんカップ」では新戦力のディエゴ・オリヴェイラ選手や当初はSBで起用されていた伊東選手をはじめ達磨体制に比べ面白いサッカーになりそうだという期待がありました。

ところがどっこい、開幕してもしばらく勝てず、公式戦ナビスコも含めると7戦勝ち無し、しかもメルトン・メンデス監督が家庭の都合という理由で退団するという事態も生じました。

その一方でメンデスの後を受けヘッドコーチから昇格した下平監督のもと、中谷や中山に中村、中川の「中」がつく若い選手の活躍で盛り返し、序盤のつまづきを取り戻す公式戦7連勝とか浮き沈みの激しいシーズンだったような気がします。

2ステージからはクリスティアーノ選手も復帰。終盤失速したもののステージ優勝争いを演じることもできました。

結果

Jリーグ

年間8位(1st 7位/2st 5位)

ナビスコ・ルヴァン

グループステージ敗退

天皇杯

ベスト16敗退

来季は不安と期待が交錯しそう

 年末にかけて退団リリースが続々発表されています。

稲田 康志選手 契約満了のお知らせ|Reysol News

山中 亮輔選手 横浜F・マリノスへ移籍|Reysol News

布部 陽功 ヘッドコーチ 退任のお知らせ|Reysol News

増嶋 竜也選手 ベガルタ仙台へ期限付き移籍|Reysol News

秋野 央樹選手 湘南ベルマーレへ期限付き移籍|Reysol News

湯澤 聖人選手 京都サンガF.C.へ期限付き移籍|Reysol News

木村 裕選手 V・ファーレン長崎へ移籍|Reysol News

茨田 陽生選手 大宮アルディージャへ移籍|Reysol News

田中 順也選手 期限付き移籍終了のお知らせ|Reysol News

太田 徹郎選手 退団のお知らせ|Reysol News

ダルマ的には秋野選手を除けばある意味予測できた移籍リリースかなと感じています。

一方で12/30までの加入リリースは、

小池 龍太選手が移籍加入|Reysol News

流通経済大学 橋口 拓哉選手 新加入内定|Reysol News

の2つのみ( ;∀;)

まあ例年通りなので耐性はついていますが、噂されている外国人2選手以外の補強もないと流石に不安ですね・・・

2ステージ制で現地観戦が激減

日立台での現地観戦は今年は激減しました。

理由は2ステージ制です。

我が家はナイトゲームは子どもの就寝時刻が遅くなることを理由に原則行かないことにしています。なのでシーズン序盤とシーズン終盤の試合を日立台で現地観戦するのが通例となっています。

ところが、2ステージ制のためにシーズン終盤もナイトゲームの試合が多く組まれ、結局現地観戦できたのは数試合に留まりました。

ありがとうスカパー!

そんな自宅観戦を助けてくれたスカパー!ですが、シーズン途中に契約が今季限りである旨発表されました。時々、非中立な実況・解説にイラっとさせられることもありましたが(笑)、基本的には硬派なサッカー中継として楽しませていただいたと思っております。

soccer.skyperfectv.co.jp

#ありがとうスカパー - Twitter Search

上記ハッシュタグには多くのJリーグサポから感謝の声が続々と。

来季はDAZNというネット配信系のサービスに切り替わります。スカパー!より良くなったのは放映権料のみ、なんてことのないよう期待しています。

 

 

髭を伸ばしたお話

EC 家電 美容

お久しぶりのダルマです。

10月下旬から超多忙になり、ブログを書く時間がなかなか取れませんでした。

そんな中、先日から「髭」を伸ばし始めました。

過去、無精髭はあるものの、本格的に「髭」を伸ばすのは初めてです。

 「髭」を伸ばすのはかなり大変だった

なんとなく流れというか、勢いから髭を伸ばすことにしたのですが、髭を伸ばすことに対して気楽に考えていたというか、毎日髭を剃るよりも楽チンなんじゃ、と思っていました(笑)

ところがどっこい、髭を伸ばす方が髭を毎日剃るよりももっと大変だということに気づいてしまいました。

悩みポイントは下記の3つ。

 

  1. 形をどうするか
  2. 長さ
  3. 手入れ方法

 

形を考えるのに参考にしたサイト

 

最初は無精髭の延長戦っていう感じで1週間くらい何もせずに伸ばし続けました。

その結果、口の周りから顎の下にかけて全体にかけて伸び続け、かなりワイルドな感じになりました。

少しイメージと異なったのでGoogle先生に聞いてみました。

b-steady.com

とか

n-coozy.com

とか参考にしました。

長さは適当じゃダメ

上記のようなサイトをいくつか見たときに、髭を伸ばす、髭を剃る、とは違う「髭を整える」という作業が必要だと知りました。

確かに、無精髭だと髭の長さもまちまちですが、髭面が似合っている人って長さが揃っている・・・

じゃあ、どうやって揃えるんだ、という新たな課題に直面したわけです。

今まで使っていた道具だと難しい

 というわけで、髭のデザインを決めたわけですが、どうやってデザイン通りの髭に剃ったら良いのか分からない。今までは電動シェーバーを使用したわけですが、必要以上に剃ってしまいそうで不安。T字カミソリは痛すぎて肌にも悪そう。

最初は妻の手も借りながら、電動シェーバー&T字カミソリ&ハサミを使って思った通りのデザインに整えましたが、長く続けるには難しいと感じました。

「髭」の手入れの救世主

そんなこんなで次は手入れ方法についてGoogle先生に聞いたところ、まさに救世主と言える商品に出会いました。

ジレット プログライド スタイラー 替刃1個付

ジレット プログライド スタイラー 替刃1個付

 

 付属しているのは、

  • トリマー(本体:単三電池一本で動きます)
  • トリマーコーム(3種類付いてきます)
  • シェービング用ヘッド(片面は通常のシェービング、裏返すとピンポイントトリマーとして使用)
  • オーガナイザー(台座です)
  • 単三電池(トリマーに装着済みです)

これでわずか2,000円です。事前情報ではこの手のものを買うと6,000円くらいかかると聞いていたので格安に感じました。

使い勝手は、思った以上に簡単です。トリマーコームを好みの長さのものに切り替えるだけ。

剃りたいときはシェービング用ヘッドに替えるだけで、無駄な髭は無くせます。

髭を伸ばし始めた方は、ぜひ試してみてください。

最初は似合うかどうか不安ではあったのですが、周りの評判も上々でやってよかったかなと(笑)

というわけで、久しぶりの更新は髭の手入れに関してでした。

もう少し年末にかけて忙しい日が続くと思うので、更新は滞るかと思いますが、引き続きよろしくお願いします。

では!

ソフトバンクのギガモンスターへの変更を促すメールが届いたが?

携帯電話 ソフトバンク 法律

ダルマです。

プロ野球クライマックスシリーズですが、ソフトバンク日本シリーズに出て欲しいと応援しているのですが、なかなか厳しいですね。一方で、日ハムの大谷選手は凄いです。球史に残る選手ではないでしょうか。そして今年の各賞は総ナメでしょう。

ソフトバンクからの「ギガモンスター」への変更を促すメールが届きました

その(?)ソフトバンクから、先週末、「ギガモンスター」への変更を促すメールが届きました。

f:id:yellowdharma:20161015113724j:plain

そのメールには、

ホワイトプランにご加入のあなたにおトクなお知らせ

とあり、ホワイトプラン加入者をターゲットにしたDMだと分かります。 

その続きで、

新データ定額サービス「ギガモンスター」に変更いただくと、現在のお支払金額にプラス300円で追加購入や速度制限の心配無く安心して20GBまでご利用いただけます。 

とあります。 

ここまで読んで、あなたは次のうちどちらだと思いますか?

  1. プラス300円で20GBまで使えるんだ〜。お得!
  2. プラス300円な訳ないでしょ。もっとお金かかるよ 

まさか、2とは思わないですよね??

さらに、

「ギガモンスター」にご加入いただく際の音声利用については、
スマ放題がおススメ!

と書いてあるのを読んで、「ギガモンスター」に加入するにはスマ放題への加入が必要だと思いますか? 

その答えは、、、、

300円じゃ済まなかった「ギガモンスター」への変更

なんと!というか想像はついてましたが、メール内容から読み取れるものとは裏腹に「ギガモンスター」への変更には、「スマ放題」あるいは「スマ放題ライト」への加入が“必須”でした。

f:id:yellowdharma:20161015111109p:plain

 

[ギガモンスター]申込方法を教えてください。 | モバイル(FAQ) | サポート | ソフトバンク

つまり、ダルマの場合、ホワイトプラン(2年契約)934円+パケットし放題フラット5,700円の計6,634円なのが、「ギガモンスター」に変更した場合、安いスマ放題ライト1,700円+ギガモンスター6,000円の計7,700円と300円どころか1,000円も請求が増えることになります。

プラス300円じゃないですよね・・・・

これって有利誤認にあたるのではないの?

景品表示法では有利誤認について

景品表示法第5条第2号は、事業者が、自己の供給する商品・サービスの取引において、価格その他の取引条件について、一般消費者に対し、
 (1) 実際のものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認されるもの
 (2) 競争事業者に係るものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認されるもの
であって、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められる表示を禁止しています(有利誤認表示の禁止)。  

表示対策課 | 消費者庁

としており、今回のDMについては該当するように思えるんですよね・・・

それでも、「ギガモンスター」はIngressやポケモンGOパケット通信量が増加気味の私にとっては魅力的ではあるのは間違いないのですが、最初から「プラス1,000円」と分かりやすく書いてあればよかったと思うわけです。

新しいサービスを次々と開発してくれ、牛丼も金曜日にタダで食わせてくれるソフトバンクなのに、ホントもったいないですよね。

強いて言うなら、ホワイトプランのまま「ギガモンスター」に変更できると本当に素晴らしいのですが^ ^ 

入門図解 改正対応! 最新 特定商取引法・景品表示法のしくみ (事業者必携)

入門図解 改正対応! 最新 特定商取引法・景品表示法のしくみ (事業者必携)

 

 

過重労働を部下にさせちゃうマネージャーは無能じゃないか

マネジメント 組織 働き方

電通社員だった高橋まつりさんが自殺し、過労死認定されたニュースが先週末ネットを賑わせました。

www.asahi.com

ネットを見てると電通ブラック企業体質に批判が上がる一方で、一部独立してビジネス上の成功を収めていそうな人達からは「自分も昔は200時間は常に残業してた」とか「残業をさせられるという意識が問題であり、自分が仕事をしたいと思えば残業は辛くない」といった声もあり、人それぞれ経歴や立場で考えがあるのだなと実感しました。

この過重労働問題ですが、多くの方が認めているように単純な話ではありません。時間の問題だけでもないですし、仕事の内容の話だけでもなく、ましてや部下の立場、上司の立場でも違いますし、どこの会社に属しているか、業界、職種、あるいは本人のプライバシー環境など本当に一概にこうだと言えないでしょう。

時間については、残業代が出るからとむしろ好んで残業をしたがる社員もいます。いわゆる「生活残業」。残業時間が増えるとその状態に快感を覚えてしまう「残業ハイ」。などなど。

内容でいうと、自ら主体的にやる仕事と、誰かに命じられてやらされている仕事では違うでしょう。同じ残業時間でも前者は充実、後者は苦痛でしょう。

ただ、忘れてはいけないのは、社員が過重労働にならないように、メンタルをやられないようにコントロールするのが上司や会社の役目であり、自殺に追い込むなんてもってのほかです。

金(残業代)を払えばいい、というのもナンセンス。残業時間が160時間に及ぶのであれば1人そのプロジェクトに投入すればいい。実際はそれだけでは上手くいかず追加した分工数が増えるだけのこともあるけど。でも、最小リソースで最大成果を出すようにするのも上司の役割であるけど、必要なリソースを適材適所に割り振るのも上司の仕事ですよね。

会社によって事情は異なるとはいえ、人が足りなければアウトソーシングすればいいだけだし、打ち手を講じても利益が出ないんであればそんな仕事をもってきた人に責任を取ってもらえばいいだけだと思います。

本人が周囲に相談すれば良かった?相談しやすい環境だったのでしょうか?相談しやすい雰囲気にもっていくのも、上司や会社の責任です。

過重労働が嫌なら辞めればいい?現実的に考えてそんな単純な話ではないでしょう。

ともかく過重労働問題は上司の働きかけにかかっているということ。それは過重労働をした方が悪いのではなく、過重労働をさせる側にあるということは、私自身含め肝に命じて行動したいと思います。